« 016.風間橋 | トップページ | 018.細野橋 »

017.菰石川橋

Img_7796_800

所在 山形県山形市
竣工 昭和6年7月
撮影 平成18年9月
図 ココ
備考

Img_7794_800_1 Img_7793_800

これも016.風間橋同様、山形市内から山寺方面へ向かうr19の旧道にある。
風間橋より8ヵ月前の竣工で、旧r19はこちらから風間橋方向へ改修されていったようだ。
この橋は風間橋に比べ状態が非常によく、銘板も4枚共全て残っている。

Img_7791_800 Img_7792_800

橋の形自体は非常に平凡であるが、銘板に記された橋名のかな文字には趣がある。ちなみに「こもい志かは者し」と書いてあり、「志」=「し」、「者」=「は」である。
銘板が全て残っていることも貴重だ。そのおかげで現代の僕はこうしてこの橋の由来を知るとができる。
付近では工事が行なわれていたが、この橋には工事の影響を受けることなくずっと残っていて欲しい。

ちなみに昭和6年7月に日本では全国からの懸賞応募1658編の中から選ばれた「ラジオ体操の歌」が初放送され、エチオピアでは皇帝ハイレ・セラシエ1世がエチオピア史上初の憲法を制定し、名ばかりの「立憲君主制」を宣言した。
更にちなむと、このハイレ・セラシエ1世とは、紀元前1000年のソロモン王とシバの女王を始祖とすると伝えられる、3000年もの長きに渡るアフリカ最古の絶対王政の225代目(!)だったのだが、昭和49年9月にクーデターにより退位、翌年寂しく死去した。

「ラジオ体操の歌」って、あの、「あーたーらしいぃあーさがきたっ!」ってやつかな?

|

« 016.風間橋 | トップページ | 018.細野橋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。