« 014.宮川水管橋 | トップページ | 016.風間橋 »

015.覗橋

Img_3920_800 Img_3914b_800

所在 山形県上山市
竣工 明治15年
撮影 平成16年10月
地図 
ココ
備考

Img_3918_800 Img_3929_800

013.新橋のすぐ下流にある。
上山市内の明治期に作られた4つの石橋のうちのひとつ。
新橋も覗橋も重量制限は4.0tで、外見もほとんど同じだが、覗橋の方が辺りの雰囲気もより自然に感じられ、より風景に溶け込んでいるように思える。

この橋ができた当時、人々は疑って渡ろうとしなかったというが、その後およそ120年が経過した現在でもなお車や人々を渡しているというのは立派だ。
下手なコンクリート橋よりも安定感があり、将来もまだまだ現役でその姿を保って行くことだろう。

ちなみに明治15年、岐阜県で自由党総理板垣退助が暴漢に襲われた。
「板垣死すとも自由は死せず!」と言ったとか言わなかったとか。
うーん、まるっきり教科書の世界のようだ。自分の生きる現代から隔絶した過去って感じがする…。19世紀だもんなー。

|

« 014.宮川水管橋 | トップページ | 016.風間橋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。