« 031.西千手橋 | トップページ | 033.朝日橋 »

032.太用寺橋

L1020742_800 L1020737_800

所在 福島県喜多方市
竣工 昭和10年7月
撮影 平成19年2月
地図 
ココ
備考

L1020741_800 L1020740_800

会津でひと通り白看を撮影し、後は帰るだけとR121を広々とした田んぼを見渡しながらのんびり走っていたら、いかにも旧橋っぽい欄干を持つ橋が目に入った。すかさず交差点を曲がってそちらへ。
大分薄暗くなり、辺りにはやたらと「斎場」の古びた看板が立っていて、淋しい雰囲気だったが、そこには典型的な旧橋が。

L1020733_800 L1020734_800

特に凝った意匠はなく、実にシンプルだが、銘板は全て現存しており傷みもあまり見られない。
危険防止のための青い鉄柵が欄干の間に加えられており、銘板の文字もそれに合わせたのか青く塗られている(ように見える)。まるで子供の悪戯のように見えなくもないが、目立つ損傷もなく現在もこうして使われていることが何よりだ。いや、これは青銅かなにか、銘板の地の色なのかな?そういや旧宇津トンネルの銘板も文字だけがやけに青かったし…。
辺りは広々としてのどかで、橋の前後の道は舗装こそされてはいるが、まるで橋の竣工当時から風景が変わっていないような感じで、周辺も含めて実に当時の雰囲気をよく残した橋である。
だいぶ薄暗くなっていたが、カメラの手ブレ補正も効いているのか、なんとかブレずに写真に収めることができた。
急に思い立ち、一人でふらっと出かけた今回の会津ドライブは、こうして最後に嬉しい発見で締めくくられた。

それにしても、こうしてふらっと山形から会津に出ることができ、暗くなってからでも安心して帰ることができるのだから、大峠越えのR121新道の存在は大きい。
旧大峠トンネルに向かって頼りなさげに伸びる旧道(一応現役)を見てそう思った。

ちなみに、昭和10年7月に日本の呉海軍工廠では最新鋭巡洋艦「最上」が竣工し、フランスでは自動車王アンドレ・シトロエンが死去した。

|

« 031.西千手橋 | トップページ | 033.朝日橋 »

コメント

コンクリートの質感がいいですね。
なんか写真を撮るときに考えるんですよ、コンクリの表情というか。それがしっくりきたら、いい写真が撮れる。そう思うのは俺だけかな?

投稿: お腹 | 2007/02/11 20:09

橋などの写真は、記録用って感じなのであまり質感とか考えたことなかったんですが、ブラブラしているときなど、コンクリの「カベ」を撮りたくなる時はありますね。なんでだろう。
カベの前でウンウンやってると、明らかに不審がられますが。

投稿: brix | 2007/02/12 21:01

先日はご訪問有り難うございました。

田園地帯に囲まれた旧橋・・とても良い雰囲気ですね。

こちらは田舎ですので簡単に見つかるだろうと思っていましたが、いざ探すとなると意外になかなか見つけられません。

投稿: | 2007/02/15 00:47

ご訪問ありがとうございます。
そうですねー、案外に田舎だから古いものがあるというわけでもなさそうですね。
結構意外なところにあったりしますよね。
お互い埋もれつつあるものの記録、地道にやっていきましょう。

投稿: brix | 2007/02/15 01:06

brixさん、お邪魔します。
それにしても、行動範囲の広さに驚き、また敬服いたします。
わたしも、古びた橋が好きですが、一番の理由は、その橋から覗く川の風合いがなんとも情趣があって、当時の人々も見たであろう視線に重なるように思えることです。
また、楽しみにしております。

投稿: 俳諧師 | 2007/02/17 21:06

俳諧師さん、コメントありがとうございます。

>当時の人々も見たであろう視線に重なるように思えることです
とても共感します!
古い橋の上に立ち、前後に続く道を眺めていると当時の様子が思い浮かんでくるように思います。橋の佇まいがそうさせるのでしょうか。
橋も裏町辺りの橋の辺りを散歩してきました。その橋は東を望むと三吉山、西を望むと御井戸町に真っ直ぐに伸びる道の上にあり、道と橋の古さが想像できました。
まさに俳諧師さんの仰る感覚を味わうことができました。

投稿: brix | 2007/02/17 22:43

この記事へのコメントは終了しました。

« 031.西千手橋 | トップページ | 033.朝日橋 »