« 2007年12月 | トップページ

047.藤沢橋

Img_7201_800 Img_7206_800

所在 山形県山形市
竣工 昭和4年10月架換
撮影 平成18年7月
地図 
ココかなぁ?
備考

Img_7203_800 Img_7202_800

上山~山辺線の一連の旧橋群の最後は、最も北側にある藤沢橋。
藤沢川に架かっているので藤沢橋。単純明快だ。
これまでの橋の銘板は僕の好きな「表札式」だったが、これだけは金属板である。
そのせいか、他の旧橋に比べ新しく見え、ちょっと味気ない。
後年銘板のみ取り替えられた可能性もあるかもしれないが、藤沢橋自体は「昭和4年架換」とあり、やはり十分年季の入った橋なのである。

Img_7205_800_2 Img_7204_800_2

味気なさで言えば、008.南沢橋に似ている感じだ。
藤沢橋、南沢橋、名前も似ている。
それがどうしたと言う感じもするが、とにかくこれで一連の上山~山辺線における旧橋群は一応完結だ。
この旧道は、興味のある方は是非一度通ってみて下さいな。
小粒ながらも、味のある旧橋たちが出迎えてくれます。

ちなみに昭和4年、ドイツからはるばる、世界最大の飛行船「グラーフ・フォン・ツェッペリン号」が東京上空へやってきた。
ドイツからの所要時間、99時間40分。約110km/時。

| | コメント (0)

046.日向橋

Img_7195_800

所在 山形県山形市
竣工 不詳(推定昭和4年9月)
撮影 平成18年7月
地図 ココらへん??かなり記憶が曖昧。
備考 平成19年3月再撮影→画像を一部差換え。

L1030220_800_2 L1030210_800

一連の旧道に沿った旧橋を撮り続け、そろそろ終わりかな?と思った頃に現れた大ボスのような旧橋。
と言っても、特に大きな橋と言うわけではないのだけれど、旧橋の魅力がぎゅっと凝縮されたような、重厚な橋なのだ。

L1030219_800 L1030218_800

銘板に傷みがあり、竣工年次がわからないのがとても残念だけど、この橋より南の045.萱場橋044.ひらあい橋がそれぞれ昭和6年、同5年であることと、銘板の欠損部分をよく見てみると「四」らしき文字が見えることから、恐らく昭和4年9月の竣工ではないかと。

L1030217_800 L1030215_800

この辺りの旧道は結構入り組んでいて、一連の旧橋群は互いに離れてはいないのだけど、後で地図を見てみても、どこをどう走ったのかイマイチわかりにくい。
それゆえ、この辺りの一連の旧橋の地図は、だいぶ不確かなものとなっている。
大体この辺りかな?と参考程度に。

L1030214_800_2 L1030221_800_2

春の夕暮れ、いい雰囲気の中での再撮影。
なかなか思い出深い橋だ。

| | コメント (0)

045.萱場橋

Img_7189_800

所在 山形県山形市
竣工 昭和6年10月
撮影 平成18年7月
地図 ココらへん?

備考

044.ひらあい橋のすぐ近くにある、これまたカワイイ小さな橋。
竣工はひらあい橋のちょうど一年後。

Img_7191_800 Img_7192_800

この橋が架かる上の沢川は蓋で覆われ、この橋は橋と言うよりもはや暗渠のようになっているけど、これまた立派な銘板が「橋」をしっかりと主張している。

Img_7193_800 Img_7194_800

奥に写る萱葺きの家と、「萱場橋」。
なんて見事なマッチング!
この景観は是非ずっと残って欲しいものだが、萱葺きの家って維持が大変だから、こんな風景が見られるのもそう長くはないのかも知れない。

ちなみに昭和6年10月、発明王エジソンが84歳で死去し、ギャングの親玉アル・カポネに、懲役11年・罰金5万ドルの判決が下された。

| | コメント (0)

044.ひらあい橋

Img_7183_800 Img_7188_800

所在 山形県山形市
竣工 昭和5年10月
撮影 平成18年7月
地図 ココらへん?
備考

現在は国道458号線の快適な道路で結ばれている、山形県上山市~山辺町間だが、以前は集落の間を縫うように細々とした道が伸びていた。
そのR458の旧道ともいえる道の存在を知ったのは、一昨年の夏だった。
当時は時間があったので、地元の細々した道に入り込み、あっちへウロウロこっちへウロウロしていたのだが、この旧道に入り込んだ途端、趣深い旧橋が芋づる式に登場し、それを辿っているうちに、いつの間にか長谷堂~菅沢~柏倉~門伝~村木沢の旧道をトレースしていた。
それにより一気に旧橋画像が増え、それをまとめようとした事が僕がブログを始めるきっかけとなり、今に至っている。
この上山~山辺線の旧橋群は、ブログ開設後間もない頃に、004.湯田橋辺りから008.南沢橋くらいまでアップしていたが、その後他の地区の旧橋をアップし、続きには手をつけないままでいた。
このままだと記憶も薄れていくし、そうそう現地を訪れることも出来なくなったので、今回残り4本を一気にアップします。
ところで、当初この旧橋群を見つけたときはかなり喜んだが、実は相互リンクさせて頂いている、山形の廃道さんでは既にずーっと前から紹介済みで、もはや二番煎じなのです。

だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、ひらあい橋です

Img_7184_800 Img_7185_800

小川に架かる至ってシンプルなデザインの橋だけど、銘板がしっかりしていて、見ごたえがある。
南側の銘板には「ひらあひはし」と旧仮名づかひで書かれている。
「ひらあひ」と「し」はわかるが、「は」はどこじゃい?!って感じだが、たぶん「は」は「者」という漢字を崩したもので、昔はこれで「は」と読んだ。
この「は」を使った銘板は、他に017.菰石川橋の例がある。

Img_7186_800 Img_7187_800

北側の銘板は一転し、「ひらあいはし」と現代仮名づかい。
「南沢川」の文字もしっかりとした楷書で書かれている。
もしかしたら、南北で銘板の年代が違うのかもしれない。
そういえば銘板自体の大きさも違うようだし。

ちなみに昭和5年10月、戦前の国鉄が誇る超特急「つばめ」が東海道本線に登場し、東京-神戸間を9時間で結んだ。

| | コメント (3)

« 2007年12月 | トップページ