043.旧上輪橋

L1060262_800 L1060272b_800

所在 新潟県柏崎市
竣工 不詳(推定昭和14年頃)
撮影 平成19年12月
地図 
ココ
備考 橋名は推定。

L1060259_800 L1060258_800

やっと見つけた執念の旧橋。
…というのもいささかオーバーなのだが、ちょっとした訳があるのだ。

今年の春頃、出張で北陸道上を高速バスで新潟に向けて乗っていた。
バスとか電車に乗るときは、ゆっくり外を眺めていられるので、なんとなく旧道探しなんてやっている。特に高速道路上のバスなんかからだと、視点がだいぶ変わるので、面白いものが見つかることもある。
すると、米山付近で、アーチ状の古そうな橋が目に入った。
見たのは一瞬だったが、それは一見して古臭く、強く印象に残った。
米山辺りの海岸にはでっかいアーチ橋がいくつかあるが、明らかにそれらの旧橋と判るものだった。
急いでメモし、後日訪れる機会を待っていた。
しかし米山辺りは、新潟方面に向かう途中にあり、そこを目的にすることはなかなかない。殆どは新潟へ行く用事のついでなので、ゆっくり時間も取れない。
地図で橋の位置の検討はつけた。
しかしなかなか旧道への入り口が判らない。
もちろんちゃんと詳しい地図を持っていけば一発なのだろうが、いつもついでなので準備が甘いのだ。

L1060253_800 L1060251_800

前回は上越側からチャレンジした。
車では行けなさそうだったので、寂しく寒い曇天の下、心細い思いをしながら車を降りて歩いた。旧道を歩くというのはなんとも心細く、小走りになる。
すると、がけ崩れ。
言うまでもなく今年の夏の中越沖地震のせいだ。
このときも「ついで」だったので、反対側から再チャレンジすることなくあっさり撤退。
一瞬あの橋は地震のせいで孤立してしまったのかと思ったが、考えてみれば、上輪の集落はあるのだから、そんなはずはない。
そして今回友達の結婚式へ向かう途中、反対の新潟側から旧道に入った。

L1060256_800 L1060257_800

例によって地元の人の好奇の視線を浴びつつ車を走らせると、橋はあっけなく見つかったが、車中からは一見平凡な橋に見える。
当時の印象は自分の中でだいぶ誇張されていたか…と思い、車を降りると、
かなりの迫力!!いいぞ、これは!

L1060264_800

両岸は相当深い谷で、欄干は旧橋らしく低く、改修も受けていないのでので、恐い。
うまく橋全体を見渡せる場所も少なく、岸を結構ぎりぎりまで行かないとならず、恐い。
銘板が一枚も残っていなかったのが残念だが、上輪大橋の竣工が昭和40年なので、それまで使われていた旧上輪橋(名称はともかく)と考えて間違いないだろう。
そして、上輪大橋と同時期に竣工した米山大橋の旧橋に相当する谷根橋(後日アップ)の竣工が昭和14年であるから、恐らくこの橋も同時期の竣工だろう。

それにしても趣のある橋だ。
けれども、こういう趣のある橋ほど、反面不気味さもあるように思えるのはなぜだろう。
こんな迫力のある橋が、物言わずひっそりと隠れていた、というのがなんか恐いのだろうか?
曇天と寒さと枯れた風景の中、地震にもビクともせずに、橋はいた。
上輪大橋や米山大橋は地震の影響を受けたというのに!

L1060282_800_2 

上輪大橋。
壮大なアーチ橋だが、これでも昭和40年の竣工。

L1060280_800

僕はあの高速上からこの橋を見たんだ。

| | コメント (4)

041.下達橋

L1050684_800 L1050695_800

所在 新潟県上越市
竣工 不詳
撮影 平成19年10月
地図 
ココ
備考 親柱が転がっています。

L1050686_800 L1050685_800

さらに新潟県の旧橋。
一見そう大したことなさそうな橋だが、横から見ると橋脚がなかなか迫力のある形をしており、面白い。
親柱はかなり傷んでいて、竣工年次は残念ながら不詳。
銘板はうれしい「表札」型。
上の写真にも写っているが、親柱が橋の横に無残に転がっている。

L1050688_800

この転がっている親柱に竣工年次の銘板があることを期待したのだが、残念ながら橋名のものだった。左右両側ともに橋名の銘板が嵌められた親柱というケースはあまり無いように思えるがどうなんだろう。
しかし、この欄干の拭低さ、全体の雰囲気などから、ほぼ戦前、昭和初期のものと見ていいんじゃないだろうか?

L1050691_800 L1050690_800

この橋の南側(上の写真側)には親柱があったような感じはしない。
しかし、川側の欄干中ほどに親柱のようなものが見える。
こちら側に親柱が無かったとすれば、竣工年次などの銘板はどこにあったのだろうか?
最初から無かったのか?
親柱の無い中途半端さは、どこか034.瀬川橋にも似ている。

L1050707_800

なんかよく判らない橋だけど、きれいな景色の中にあって、形も好きだし、近くには「日本一のトコロテン」のお店もあるし、そこそこ通行もあるようだし、がんばれ!(←??)

| | コメント (0)

040.人和橋

L1050651_800 L1050660_800

所在 新潟県中魚沼郡津南町
竣工 昭和14年10月
撮影 平成19年10月
地図 
ココ
備考 発電所と一体。

L1050654_800 L1050653_800

039.壽橋に続いて、新潟県内の旧橋。
新潟県内の旧橋の銘板は、このような石版に文字が彫られたものが多いのだ。

さてこの橋、東京電力信濃川発電所を跨ぐように架けられていて、発電所の水車を回す水が流れるでっかい管を5本その下に通している。
一体この橋、竣工当時の姿はどんなのだったのだろう、と思い少々調べると、この信濃川発電所が運用を開始したのはこの人和橋の竣工と同じ昭和14年。
どうやらこの人和橋ははじめから信濃川発電所と一体となって作られた橋のようなのである。

L1050656_800 L1050655_800

発電所やダムにはマニアの方々も多いと聞くので、この橋の情報も多く見つかるかと思ったがそうでもない。
古写真も、発電所自体のものは何枚か見つかったが、肝心の橋のものは見つからなかった。残念。
欄干は旧橋の例に漏れず、だいぶ低かったと見え、ガードレールによって1段分高くしてある。
また、親柱はトコロテンを突き出す道具のような形をしていて、あまり見かけないタイプである。なんか、全体的にカクカクとしていて、発電所のイメージとも相まって、コンクリート橋ながらもメカニカルな感じのする橋。

L1050657_800

橋から見下ろす信濃川発電所。
うーん、確かに何かそそるものがあるような気がしないでもない。
でかく、古めかしい建物に、複雑に入り組んだ電線、そして目を引く鉄塔。

L1050658_800

それになんといってもこのスケールのでかさ!
この管の中を水がぶわーっと勢いよく流れて水車を回すんだろうか?
すごい。
そして、怖い。
なんせ、1秒間あたり最大180トン弱の水を使っているのだそうだ。
なんか、スケールのでかすぎるものを目の前にすると、ゾクゾクっと怖くなる。
確かに、発電所やダムにはえも言われぬ魅力があるのかも知れない。

そして、もう少しこの信濃川発電所について調べてみた(参考にしたのはお手軽ウィキペディア)。
この管を勢いよく流れてくる水はじゃあどこから来るのかというと…、
この西大滝ダムから、ずうーっとこの水路を通って、まだ通ってまだまだ通って、そうしてやっとここの管の上にたどり着くのだ。
いやー、凄い。
恥ずかしながら水力発電というものをはじめて具体的に知った。
スケールでかいな!!
よく作ったものだ!!!

これは確かにはまるかも。気をつけないと。
でもそんな長い長い地下水路の内部…なんて想像すると、やっぱり怖い。

いやー発電所、怖くて、鳥肌が立つようで、でも素敵。

ちなみに昭和14年10月、近衛内閣が総辞職し、平沼内閣が成立。
米パッカードが世界初のエアコン付自動車を発表した。

| | コメント (0)

039.壽橋

L1040858_800_3 L1040867_800_2

所在 新潟県柏崎市米山町
竣工 昭和13年12月
撮影 平成19年8月
地図 
ココ
備考

L1040859_800 L1040863_800

新潟にはだいぶ長いこと住んでいてすっかり新潟県民なのだけれど、新潟県内の旧橋はあまり見つけておらず、旧橋ブリグでの掲載数もかなり少ない。
新潟県民としてこれでは不満である。
ということで、新潟県内の旧橋。
傾向として、新潟県内の旧橋の銘板は石版に文字が彫られていること多く、白い石に筆で書かれたような「表札」っぽいものはかなり少ないように思われる。
もっとも、サンプル数が少ないのでなんとも言えないが、そう思える。
実家のある山形県ではそういった「表札型」の銘板を持つ旧橋が知る限り圧倒的に多く、それが〝旧橋らしさ〟のようにも感じられる。
そういうわけで、この壽橋のような銘板を持つ旧橋を新潟県内で見つけられるとうれしい。

L1040864_800 L1040865_800

柏崎市米山町…、どこか耳にした人もいると思うが、ここは今年の夏の中越沖地震の震源の近くである。
写真を撮ったのは地震から一ヶ月あまり経った後だったが、まだ避難所に避難している人も多いような時期だった。
このときは帰省する途中で早朝だったが、橋のたもとのゴミ集積所に近所の人がたくさん集まってきて、なんとも写真が撮りにくかった。その様子だけを見ていると、とてもあんな地震が起こったとは思えないような平穏な夏の朝だった。

L1040860_800

もちろん、この壽橋も地震などにはビクともせず、人々を渡している。

ちなみに昭和13年12月、日本軍は南京を陥落させ、イタリアは国際連盟を脱退した。
いつものことだが、なんともきな臭い。
こんな海のすぐ近く、橋の工事は寒く辛かっただろうな。

| | コメント (0)

031.西千手橋

L1020556_800

所在 新潟県長岡市
竣工 昭和28年10月
撮影 平成19年2月
地図 
ココ
備考 

新潟県長岡市はかつて長岡藩の城下町として栄え、司馬遼太郎の『峠』の主人公である河井継之助や、「米百俵」で一躍有名になった小林虎三郎などの藩士を輩出し、その後も海軍大将山本五十六から、ジャーナリストの櫻井よしこ、ミュージシャンのスネオヘアーに至るまで、各方面の著名人を生み出している。
ついでに紹介すると、普段『ドラえもん』くらいしか漫画を読まなかった僕が、ついうっかり全巻揃えてしまった『るろうに剣心』の作者の出身地もこの辺りであり、周辺の地名が登場人物の名前に用いられている。
そのように県下有数の古い歴史を持つ都市である故に、戊辰戦争と所謂太平洋戦争では市街が焦土と化す大きな被害を受け、また平成16年の新潟県中越地震での被害も記憶に新しいが、長岡市は災害を受けるたびにたくましく復興している。
僕も新潟市に住んでいた頃には、全国的に名の知れた長岡花火のときや、その他折々にここを訪れ、戦災資料館や山本五十六記念館などにも足を運んだ。

…がっ!旧橋や白看的視点をもって長岡市を訪れたことはこれまであまりなかったように思える。それに8年間も新潟に住み、何かと新潟県に所縁が深くなった割にはブリグ中の新潟ネタも思うように増えない。
そこで今回、またしても所用のついでに、前々から気になっていた長岡市街のこの橋を見に行った。

L1020559_800 L1020563_800

…そうは言っても、わざわざ見に行くには小さく地味な橋なのである。
交差点のすぐ側にあるので、常に信号待ちのクルマが停まり、なかなか落ち着いて撮影できない。街中でカメラを携えることにはもうすっかり慣れたが、やはり停車中の車の傍でしゃがみこんだりすることには抵抗がある…。

L1020562_800 L1020561_800

天気が良すぎて、極端な逆光下にあったので黒く潰れた写真になってしまい非常に見づらいが、よく見ると竣工年次が昭和28年と比較的新しい。
少々期待はずれだったが、これも戦災と無縁ではないだろう。
橋が新しいこともまた深い歴史があるが故なのかもしれない。
古い歴史を持つ長岡市でいろいろ旧いモノを見つけちゃおう!という僕の安直な企ては出鼻を挫かれた恰好だが、このあと思いがけないウレシイ出会いが待っていた。

ちなみに昭和28年10月に、日本では東京都内に赤デンワが初めて登場し、海上保安庁の巡視船が竹島に日本領の標柱を立てた。

| | コメント (0)

018.細野橋

Img_7826_800 Img_7825_800

所在 新潟県魚沼市
竣工 不詳
撮影 平成18年10月
地図 ココ
備考 橋名はすぐそばの「新細野橋」から推測。

奥只見ダムに向かってR252を走っていると突然目に入ってきて、急停車。
いやー、ものすごく味がある!イイ!
道も封鎖されているが、柵は簡単に越えられるので、対岸まで渡ってみようかとも思ったけど、…怖い。
ネットの世界には、真っ暗な隧道に平気で踏み込んでいかれる怖いもの知らずの方々も多いが、僕には無理だー!
こんな橋でも、落ちるんじゃないか?などと思ってしまう。
そういうわけで、安全に撮影。
銘板は西岸にはなし。よって橋名・竣工年次共に不明。
でもこの雰囲気はやはり昭和初期のような気がする。
この時対岸には渡られなかったので、奥只見ダムの帰り道、対岸に寄ってみた。

Img_7853_800 Img_7854_800

東岸はより厳重に封鎖されていた。
それもそのはず、一部が崩れて渡れなくなっていた。怖い。銘板もない。
すぐ近くに架けられている現道の橋を見てみると、それは「新細野橋」。
ということで、十中八九この橋の名は「細野橋」で良いだろう。
新細野橋の竣工は意外と古く、昭和46年12月であり、ということは細野橋は当時まで使われていたことになる。廃止されて35年!
現橋に取って代わられてからも現役として人を渡す橋が多い中で、封鎖されており、しかもその後35年も経っているというこの橋は、その外見とも相まって、なんとなく不気味な印象を与えた。
冒頭にイイ!と言っておきながら、最後には不気味だなどと書いてしまったが、そういう全ての雰囲気を含めて、非常に非常に印象的な橋だった。

| | コメント (2)