042.出川橋

L1060075_800_2 L1060080_800

所在 長野県飯山市
竣工 昭和25年12月
撮影 平成19年12月
地図 ココ

備考 「大正国道」10号線

L1060073_800 L1060076_800

先週末、トコトコ旧道めぐりしていたときに見つけた旧橋。
一見、「ゴテゴテした橋だなあ…」と思いクルマを停めたが、銘板が横書きである時点で比較的新しい橋であることがわかる。
品が良い感じではないが、やはり気になるので一応車を降りて撮影。
うーむ、このセンスは…?
親柱にデンと乗った球体が謎。
さらに親柱の不思議な装飾。
どことなく寺院的というか…、なんというか、アンコールワットとかボロブドゥールとかにありそうな感じのする橋である。

しかし、路線名の銘板を見て驚いた。

L1060078_800_2

「國道十号線」!?
…すぐにピンときた。
これは前に某長有名廃道サイトでチラッと見たことのある、「大正国道」というやつだ。
国道にも法制上の歴史があり、明治18年、大正9年、昭和27年の各年に制定された法律上の国道が、それぞれ「明治国道」「大正国道」「昭和国道」と俗称されている。
ちょうど案内標識など道路標識にも、「白看」や「青看」があるように、国道にも歴史あり、というわけだ。
なので、当然現在の「国道10号線」とは全く由来もルートも全く異なっている。
大正国道十号線は、大雑把に、東京~高崎~長野~小千谷~新潟~鶴岡~秋田を結んでいたという。

これは発見だ。
大正国道の物的痕跡は非常に少ないという。
こんな旧道ともただの県道ともつかないような道で、すごい物を発見してしまったぞ!!

L1060082_800 L1060081_800

竣工年次が「1950」と数字なのに違和感を覚えるが、それでも古い。
昭和27年といえば、国道の大規模な法改正を2年後に控えた「大正国道」末期だ。
やはり古い橋には、一見して感じる趣がある。
さっきまでゴテゴテしているとか言っていたが、非常にレアな橋であることがわかり、手のひらを返したように評価を変えるのだ。

鼻息も荒く、早速アップしようと思ってちょこっとネットで調べると、既にお一人だけこの橋を紹介されている方がいた。
見なかったことにしてジャジャーン!とアップすることも出来たけど、一度先達の存在を知った以上、自分の発見のように言うことはやはりできない…。
ざんねん…。

ちなみに昭和25年12月、大蔵大臣池田隼人が問題発言。その真意はともかく貧乏人は麦を食え」発言として糾弾された。
でもこの人が、後に、良くも悪くも日本の戦後復興に大きな役悪を果たすことになる。

| | コメント (0)