047.藤沢橋

Img_7201_800 Img_7206_800

所在 山形県山形市
竣工 昭和4年10月架換
撮影 平成18年7月
地図 
ココかなぁ?
備考

Img_7203_800 Img_7202_800

上山~山辺線の一連の旧橋群の最後は、最も北側にある藤沢橋。
藤沢川に架かっているので藤沢橋。単純明快だ。
これまでの橋の銘板は僕の好きな「表札式」だったが、これだけは金属板である。
そのせいか、他の旧橋に比べ新しく見え、ちょっと味気ない。
後年銘板のみ取り替えられた可能性もあるかもしれないが、藤沢橋自体は「昭和4年架換」とあり、やはり十分年季の入った橋なのである。

Img_7205_800_2 Img_7204_800_2

味気なさで言えば、008.南沢橋に似ている感じだ。
藤沢橋、南沢橋、名前も似ている。
それがどうしたと言う感じもするが、とにかくこれで一連の上山~山辺線における旧橋群は一応完結だ。
この旧道は、興味のある方は是非一度通ってみて下さいな。
小粒ながらも、味のある旧橋たちが出迎えてくれます。

ちなみに昭和4年、ドイツからはるばる、世界最大の飛行船「グラーフ・フォン・ツェッペリン号」が東京上空へやってきた。
ドイツからの所要時間、99時間40分。約110km/時。

| | コメント (0)

045.萱場橋

Img_7189_800

所在 山形県山形市
竣工 昭和6年10月
撮影 平成18年7月
地図 ココらへん?

備考

044.ひらあい橋のすぐ近くにある、これまたカワイイ小さな橋。
竣工はひらあい橋のちょうど一年後。

Img_7191_800 Img_7192_800

この橋が架かる上の沢川は蓋で覆われ、この橋は橋と言うよりもはや暗渠のようになっているけど、これまた立派な銘板が「橋」をしっかりと主張している。

Img_7193_800 Img_7194_800

奥に写る萱葺きの家と、「萱場橋」。
なんて見事なマッチング!
この景観は是非ずっと残って欲しいものだが、萱葺きの家って維持が大変だから、こんな風景が見られるのもそう長くはないのかも知れない。

ちなみに昭和6年10月、発明王エジソンが84歳で死去し、ギャングの親玉アル・カポネに、懲役11年・罰金5万ドルの判決が下された。

| | コメント (0)

044.ひらあい橋

Img_7183_800 Img_7188_800

所在 山形県山形市
竣工 昭和5年10月
撮影 平成18年7月
地図 ココらへん?
備考

現在は国道458号線の快適な道路で結ばれている、山形県上山市~山辺町間だが、以前は集落の間を縫うように細々とした道が伸びていた。
そのR458の旧道ともいえる道の存在を知ったのは、一昨年の夏だった。
当時は時間があったので、地元の細々した道に入り込み、あっちへウロウロこっちへウロウロしていたのだが、この旧道に入り込んだ途端、趣深い旧橋が芋づる式に登場し、それを辿っているうちに、いつの間にか長谷堂~菅沢~柏倉~門伝~村木沢の旧道をトレースしていた。
それにより一気に旧橋画像が増え、それをまとめようとした事が僕がブログを始めるきっかけとなり、今に至っている。
この上山~山辺線の旧橋群は、ブログ開設後間もない頃に、004.湯田橋辺りから008.南沢橋くらいまでアップしていたが、その後他の地区の旧橋をアップし、続きには手をつけないままでいた。
このままだと記憶も薄れていくし、そうそう現地を訪れることも出来なくなったので、今回残り4本を一気にアップします。
ところで、当初この旧橋群を見つけたときはかなり喜んだが、実は相互リンクさせて頂いている、山形の廃道さんでは既にずーっと前から紹介済みで、もはや二番煎じなのです。

だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、ひらあい橋です

Img_7184_800 Img_7185_800

小川に架かる至ってシンプルなデザインの橋だけど、銘板がしっかりしていて、見ごたえがある。
南側の銘板には「ひらあひはし」と旧仮名づかひで書かれている。
「ひらあひ」と「し」はわかるが、「は」はどこじゃい?!って感じだが、たぶん「は」は「者」という漢字を崩したもので、昔はこれで「は」と読んだ。
この「は」を使った銘板は、他に017.菰石川橋の例がある。

Img_7186_800 Img_7187_800

北側の銘板は一転し、「ひらあいはし」と現代仮名づかい。
「南沢川」の文字もしっかりとした楷書で書かれている。
もしかしたら、南北で銘板の年代が違うのかもしれない。
そういえば銘板自体の大きさも違うようだし。

ちなみに昭和5年10月、戦前の国鉄が誇る超特急「つばめ」が東海道本線に登場し、東京-神戸間を9時間で結んだ。

| | コメント (3)

040.人和橋

L1050651_800 L1050660_800

所在 新潟県中魚沼郡津南町
竣工 昭和14年10月
撮影 平成19年10月
地図 
ココ
備考 発電所と一体。

L1050654_800 L1050653_800

039.壽橋に続いて、新潟県内の旧橋。
新潟県内の旧橋の銘板は、このような石版に文字が彫られたものが多いのだ。

さてこの橋、東京電力信濃川発電所を跨ぐように架けられていて、発電所の水車を回す水が流れるでっかい管を5本その下に通している。
一体この橋、竣工当時の姿はどんなのだったのだろう、と思い少々調べると、この信濃川発電所が運用を開始したのはこの人和橋の竣工と同じ昭和14年。
どうやらこの人和橋ははじめから信濃川発電所と一体となって作られた橋のようなのである。

L1050656_800 L1050655_800

発電所やダムにはマニアの方々も多いと聞くので、この橋の情報も多く見つかるかと思ったがそうでもない。
古写真も、発電所自体のものは何枚か見つかったが、肝心の橋のものは見つからなかった。残念。
欄干は旧橋の例に漏れず、だいぶ低かったと見え、ガードレールによって1段分高くしてある。
また、親柱はトコロテンを突き出す道具のような形をしていて、あまり見かけないタイプである。なんか、全体的にカクカクとしていて、発電所のイメージとも相まって、コンクリート橋ながらもメカニカルな感じのする橋。

L1050657_800

橋から見下ろす信濃川発電所。
うーん、確かに何かそそるものがあるような気がしないでもない。
でかく、古めかしい建物に、複雑に入り組んだ電線、そして目を引く鉄塔。

L1050658_800

それになんといってもこのスケールのでかさ!
この管の中を水がぶわーっと勢いよく流れて水車を回すんだろうか?
すごい。
そして、怖い。
なんせ、1秒間あたり最大180トン弱の水を使っているのだそうだ。
なんか、スケールのでかすぎるものを目の前にすると、ゾクゾクっと怖くなる。
確かに、発電所やダムにはえも言われぬ魅力があるのかも知れない。

そして、もう少しこの信濃川発電所について調べてみた(参考にしたのはお手軽ウィキペディア)。
この管を勢いよく流れてくる水はじゃあどこから来るのかというと…、
この西大滝ダムから、ずうーっとこの水路を通って、まだ通ってまだまだ通って、そうしてやっとここの管の上にたどり着くのだ。
いやー、凄い。
恥ずかしながら水力発電というものをはじめて具体的に知った。
スケールでかいな!!
よく作ったものだ!!!

これは確かにはまるかも。気をつけないと。
でもそんな長い長い地下水路の内部…なんて想像すると、やっぱり怖い。

いやー発電所、怖くて、鳥肌が立つようで、でも素敵。

ちなみに昭和14年10月、近衛内閣が総辞職し、平沼内閣が成立。
米パッカードが世界初のエアコン付自動車を発表した。

| | コメント (0)

039.壽橋

L1040858_800_3 L1040867_800_2

所在 新潟県柏崎市米山町
竣工 昭和13年12月
撮影 平成19年8月
地図 
ココ
備考

L1040859_800 L1040863_800

新潟にはだいぶ長いこと住んでいてすっかり新潟県民なのだけれど、新潟県内の旧橋はあまり見つけておらず、旧橋ブリグでの掲載数もかなり少ない。
新潟県民としてこれでは不満である。
ということで、新潟県内の旧橋。
傾向として、新潟県内の旧橋の銘板は石版に文字が彫られていること多く、白い石に筆で書かれたような「表札」っぽいものはかなり少ないように思われる。
もっとも、サンプル数が少ないのでなんとも言えないが、そう思える。
実家のある山形県ではそういった「表札型」の銘板を持つ旧橋が知る限り圧倒的に多く、それが〝旧橋らしさ〟のようにも感じられる。
そういうわけで、この壽橋のような銘板を持つ旧橋を新潟県内で見つけられるとうれしい。

L1040864_800 L1040865_800

柏崎市米山町…、どこか耳にした人もいると思うが、ここは今年の夏の中越沖地震の震源の近くである。
写真を撮ったのは地震から一ヶ月あまり経った後だったが、まだ避難所に避難している人も多いような時期だった。
このときは帰省する途中で早朝だったが、橋のたもとのゴミ集積所に近所の人がたくさん集まってきて、なんとも写真が撮りにくかった。その様子だけを見ていると、とてもあんな地震が起こったとは思えないような平穏な夏の朝だった。

L1040860_800

もちろん、この壽橋も地震などにはビクともせず、人々を渡している。

ちなみに昭和13年12月、日本軍は南京を陥落させ、イタリアは国際連盟を脱退した。
いつものことだが、なんともきな臭い。
こんな海のすぐ近く、橋の工事は寒く辛かっただろうな。

| | コメント (0)

038.明鏡橋

L1030162_800_2 L1030150_800 

所在 山形県西村山郡朝日町
竣工 昭和12年10月
撮影 平成19年3月
地図 ココ

備考

L1030163_800 L1030164_800

名前も姿も端正な橋。037.最上橋とともに最上川に架かる。
この橋のある山形県朝日町は父の故郷で、この橋も父が子供のころの記憶に残っているらしい。
この橋の全体像は、隣の新明鏡橋から出ないと見れないが、その新明鏡橋は凄く高く、風も強いので、欄干からこの橋を撮る時にはかなり怖く、すっかり及び腰になってしまった。

L1030158_800 L1030157_800

最上橋と似た感じであるが、こちらのほうが補修の後も少なく、雰囲気をよく残していると思う。それにしてもダイナミックな橋で、よく戦前にこんな橋を作ったものだなあと思うが、人類の歴史から見れば、古代ローマの例を出すまでもなく、ずうっと昔に人はいろいろとデカイものを作っていたわけで、人って凄いですな。
全体を横から撮った写真をよーく見ると、この橋の下の川面には、木製の杭のようなものが確認できる。
おそらくこれは旧旧明鏡橋のものであろう。
昭和12年以前の木橋、果たしてどんな姿をしていたのだろう。
自治体史などには、あるいは写真も残っているかもしれない。

L1030169_800

最後に新明鏡橋とのツーショット。
旧橋になったとて、この橋は廃れることなく、新橋と仲良く並んで余生を送っていきそうである。

ちなみに昭和12年10月、ペリカン便でおなじみの日本通運が設立され、詩人中原中也が30才の若さで死去した。

| | コメント (0)

037.最上橋

L1030129_800_1 L1030117_800

所在 山形県西村山郡大江町
竣工 昭和15年
撮影 平成19年3月
地図 
ココ
備考

L1030122_800 L1030124_800

山形県内では結構有名な非常に美しい橋。
だいぶ大切に保存されていると見え、きれいに補修がなされている。
それだけある意味での「旧橋らしさ」には乏しい気もするが、人知れず貴重な橋が朽ち果てていくのよりはいいことなのかも知れない。

L1030125_800 L1030126_800

親柱も補修されたせいかなんとなくのっぺりしていて、質感には乏しい。
でもこの橋の場合、親柱などのディティールよりも、橋全体としてのダイナミックな姿のほうに魅力があると思う。
今ではさらに立派な新最上橋がすぐ隣に架かっているので、旧最上橋は時折地元のクルマを通しながら、のんびりと過ごしている感じ。

L1030128_800

こんなものに指定されているらしい。
どんなことなのか良く知らないが、大事にされている。

ちなみに昭和15年、日独伊三国同盟が締結され、パリはドイツ軍の侵攻の前に陥落した。
多くの旧橋の竣工年代のせいで、ここに書くことはどうもWWⅡの話題が中心になってしまう。

| | コメント (0)

036.辧當澤橋

L1040129_800 L1040151_800

所在 山形県西置賜郡小国町
竣工 昭和16年7月
撮影 平成19年5月
地図 
ココ
備考 

L1040130_800 L1040131_800

久々の旧橋ブリグの更新は、僕にとって思い入れの深いR113から。
R113の旧橋はこれまで、027.旧旧赤芝橋029.旧上杉橋030.旧下杉橋をアップしているが、まだこのラインには旧橋はある(とはいえ、もう既に先達によって紹介済み)。
この辧當澤橋は、現在の紅葉橋の旧橋に当たり、現道からも時期によっては見ることができる。特に今回はまだ春だったこともあり、藪はまだ茂っておらず、じっくりと観察することができた。

L1040136_800 L1040135_800

恐らく未舗装の旧道&旧橋。すごく雰囲気がよい。
未舗装の旧国道、というものにグッとくる。
現道の紅葉橋の竣工年次を見てくるのを忘れたが、この辺りの道は昭和42年の羽越水害を契機に、昭和40年代後半にかけて改修されていったので恐らく昭和50年頃までは現役だったか、旧道落ちして間もない頃だったろう。

L1040140_800 L1040146_800

橋の先(山形方向)の旧道も素晴らしいコンディションで、これなら徒歩での通過は十分可能である(写真左)。
また、このことも先達によって広く知られていることだが、この辧當澤橋にもさらに旧橋が存在し、現在はその橋脚のみが残っている(写真右)。
橋の名前は変わってしまったが現紅葉橋を現橋とするならば、それ以前には2代の橋が架かっていたことになるが、このことはちょうど年代的にも027.旧旧赤芝橋009.旧赤芝橋の関係に近い。
このことからも明治以来、急峻な地形を走るR113のルートが改修されてきたことがよく判る。

Imgp1975_800

さて、実はここには一昨年の9月にも来ていたのだが、その時はこんな様子で、とても観察どころではなかった。

ちなみに昭和16年7月、日本では関門トンネル下り線が開通し、御前会議では「対英米戦も辞さず」という帝国国策要綱が策定されたが、この内容は同月中に既にアメリカの暗号解読室によって解読されていた。

| | コメント (0)

033.朝日橋

L1020961_800_1 L1020984_800_1

所在 岩手県花巻市
竣工 昭和7年12月
撮影 平成19年2月
地図 ココ

備考 現在は連続する034.瀬川橋と共に「朝日橋」とされている。

L1020964_800 L1020966_800_1

東北の大河、北上川に架かる美しい橋。
1本下流にある朝日大橋を走っていた所、目に留まり急行。
この橋、遠目ではトラス橋とコンクリート橋の2本の橋が繋がっているように見え、なかなか面白い構造をしているようだ。
まずは東岸から。
親柱にはオリジナルかどうか定かではないが球状の電灯らしきものがついており、その他の部分も非常に凝っており、大きく立派な親柱である。
この朝日橋、地元では有名な橋らしく、宮沢賢治の作品にも連続する瀬川橋と共に登場するらしい。

L1020975_800_2 L1020976_800

西側の親柱のすぐ先(上の写真では手前)から、コンクリート橋の瀬川橋に続いている。
詳しいことは知らないが、これは河川改修の結果北上川と旧瀬川が合流することになり、その結果両橋も一体化されたのだという。
トラス橋の朝日橋のみが目立ち、注目され、地味なコンクリート橋である瀬川橋は目立たない。
しかも現在では朝日橋と瀬川橋のふたつを合わせて「朝日橋」と称しているらしく、瀬川橋は朝日橋に吸収合併された恰好となっており、少々気の毒だ。
しかし瀬川橋もなかなか味のある橋であり、また、そこでは重要な発見もあったのだ。

ちなみに、昭和7年12月に、東京地下鉄道の三越前-京橋間が開通。
一方、日本橋では白木屋百貨店で火災。高層建築であったため消防車の放水が届かず、被害が拡大した。
そういえば、先日都市伝説を調べていた時にたまたま見たのだが、このとき裾が乱れることを気にして逃げ遅れた女性がいたことから女性の下着着用が普及した、という話が有名だが、これは俗説に過ぎなく、そのような事実はないという見方が有力なのだそうだ。

| | コメント (0)

032.太用寺橋

L1020742_800 L1020737_800

所在 福島県喜多方市
竣工 昭和10年7月
撮影 平成19年2月
地図 
ココ
備考

L1020741_800 L1020740_800

会津でひと通り白看を撮影し、後は帰るだけとR121を広々とした田んぼを見渡しながらのんびり走っていたら、いかにも旧橋っぽい欄干を持つ橋が目に入った。すかさず交差点を曲がってそちらへ。
大分薄暗くなり、辺りにはやたらと「斎場」の古びた看板が立っていて、淋しい雰囲気だったが、そこには典型的な旧橋が。

L1020733_800 L1020734_800

特に凝った意匠はなく、実にシンプルだが、銘板は全て現存しており傷みもあまり見られない。
危険防止のための青い鉄柵が欄干の間に加えられており、銘板の文字もそれに合わせたのか青く塗られている(ように見える)。まるで子供の悪戯のように見えなくもないが、目立つ損傷もなく現在もこうして使われていることが何よりだ。いや、これは青銅かなにか、銘板の地の色なのかな?そういや旧宇津トンネルの銘板も文字だけがやけに青かったし…。
辺りは広々としてのどかで、橋の前後の道は舗装こそされてはいるが、まるで橋の竣工当時から風景が変わっていないような感じで、周辺も含めて実に当時の雰囲気をよく残した橋である。
だいぶ薄暗くなっていたが、カメラの手ブレ補正も効いているのか、なんとかブレずに写真に収めることができた。
急に思い立ち、一人でふらっと出かけた今回の会津ドライブは、こうして最後に嬉しい発見で締めくくられた。

それにしても、こうしてふらっと山形から会津に出ることができ、暗くなってからでも安心して帰ることができるのだから、大峠越えのR121新道の存在は大きい。
旧大峠トンネルに向かって頼りなさげに伸びる旧道(一応現役)を見てそう思った。

ちなみに、昭和10年7月に日本の呉海軍工廠では最新鋭巡洋艦「最上」が竣工し、フランスでは自動車王アンドレ・シトロエンが死去した。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧