034.瀬川橋

L1020969_800 L1020981_800

所在 岩手県花巻市
竣工 不詳
撮影 平成19年2月
地図 ココ

備考 現在は連続する033.朝日橋と共に「朝日橋」とされている。

L1020971_800 L1020970_800

朝日橋と共に北上川に架かっている橋であるように見えるが、現在は河川改修を経てもっと北で北上川に合流している瀬川が、かつてはこの辺りで合流しており、そのため当時はれっきとした「瀬川」に架かる「瀬川橋」であったらしい。
しかしぱっと見はどう見ても一続きの橋に見え、西側には銘板も残っておらず、これが瀬川橋であったということは地元の人でもなかなか気付かないのではないだろうか。

L1020977_800 L1020978_800

僕も写真の銘板を見るまでは、どういうことなのかよく分からなかった。
この橋名が記された一枚の銘板が残っていることで、辛うじてこの橋が朝日橋の一部なのではなく、瀬川橋という独立した橋であったことが知られる。
朝日橋のところでも書いたが、トラス構造を持つ朝日橋に比べれば非常に地味であり、瀬川橋にとっては損だ。竣工年次も不明で、状態も朝日橋に比べて良くない。

ところで、上に掲載した写真にはちらちらと気になる影が写っていることにお気づきだろうか。
西側左手の親柱(14tの重量制限の標識が立っているやつ)の写真をしゃがみこんで撮っていると、どうもファインダー(正確にはカメラ背面の液晶モニター)にちらちらと黒く四角いものが入り込む。
モニターから一旦目を離して、それを確認…。

!!

| | コメント (0)

033.朝日橋

L1020961_800_1 L1020984_800_1

所在 岩手県花巻市
竣工 昭和7年12月
撮影 平成19年2月
地図 ココ

備考 現在は連続する034.瀬川橋と共に「朝日橋」とされている。

L1020964_800 L1020966_800_1

東北の大河、北上川に架かる美しい橋。
1本下流にある朝日大橋を走っていた所、目に留まり急行。
この橋、遠目ではトラス橋とコンクリート橋の2本の橋が繋がっているように見え、なかなか面白い構造をしているようだ。
まずは東岸から。
親柱にはオリジナルかどうか定かではないが球状の電灯らしきものがついており、その他の部分も非常に凝っており、大きく立派な親柱である。
この朝日橋、地元では有名な橋らしく、宮沢賢治の作品にも連続する瀬川橋と共に登場するらしい。

L1020975_800_2 L1020976_800

西側の親柱のすぐ先(上の写真では手前)から、コンクリート橋の瀬川橋に続いている。
詳しいことは知らないが、これは河川改修の結果北上川と旧瀬川が合流することになり、その結果両橋も一体化されたのだという。
トラス橋の朝日橋のみが目立ち、注目され、地味なコンクリート橋である瀬川橋は目立たない。
しかも現在では朝日橋と瀬川橋のふたつを合わせて「朝日橋」と称しているらしく、瀬川橋は朝日橋に吸収合併された恰好となっており、少々気の毒だ。
しかし瀬川橋もなかなか味のある橋であり、また、そこでは重要な発見もあったのだ。

ちなみに、昭和7年12月に、東京地下鉄道の三越前-京橋間が開通。
一方、日本橋では白木屋百貨店で火災。高層建築であったため消防車の放水が届かず、被害が拡大した。
そういえば、先日都市伝説を調べていた時にたまたま見たのだが、このとき裾が乱れることを気にして逃げ遅れた女性がいたことから女性の下着着用が普及した、という話が有名だが、これは俗説に過ぎなく、そのような事実はないという見方が有力なのだそうだ。

| | コメント (0)